【子育てにおいて父親がいらないと言われる理由とその対策をまとめました】




父親
父親

子育てにおいて父親がいらないって言われる理由って何なんだろう?

そもそも自分って必要?

父親なんていらない!と、妻に言われない為にはどうしたらいいんだろう?



こんな悩みや疑問を解決していきます。



本記事の内容


  • 子育てにおいて父親がいらないと言われる理由をまとめました
  • 父親なんていらない!と、言われない為にあなたがするべきこと
  • 父親(あなた)は必要です。



この3つの内容で進めていきます。



プロフィール


みなさんこんにちは!

3人の子供を持つ職人サラリーマン、Yumaxです。

子供は上から、小学4年生(女) 小学2年生(男) 0歳(女)です。

小学生2人はケンカばっかりしてるので、赤ちゃんはもみくちゃ状態(笑)

騒がしい毎日ですが楽しくやってます!

現在は家族と仲良く暮らせていますが、過去には私も別居を経験したことがあります。

半年くらいは別居していました。

その期間は自分がしてきたこと。これからやらなければいけないこと。

かなり考えさせられました。

そこからなんとか妻とも関係を修復。やり直すことができました。

当時は妻にも、「自分一人で育てるから」とか言われていたので、もし私と同じような悩みを持っている方がいたら参考になると思います。



父親は子育てにおいて必要です。

あなたも1人で悩まないで下さい。大丈夫ですよ。

それでは、ここから私の体験や経験を踏まえて、解説していきます。



子育てにおいて父親がいらないと言われる理由をまとめました




父親が子供に与える影響というのは、かなり大きいです。

まずはこちらをご覧ください。


父親が子育てに参加するほど、子供の自尊心が高まる

父親と多くの時間を過ごした子供は、IQが高い

父親と多く会話するほど、子供の言語能力が発達する

【お父さん効果】父親が育児に参加するほど、子供の社会性が向上する

出典:父親が育児参加するメリット4選 – 子育てにおける『お父さん効果』は超スゴい!


とりあえずエライ学者さんが研究、発表したものです。

色々ありますが、父親が子供に与える影響力はスゴイ!というのは分かったと思います。

皆さんも小さいころにこんな経験や思い出はありませんか?

「親父に釣りやキャンプによく連れてかれたなぁ。何でも知ってるんだよなぁ」とか、


「力持ちだったし、すごい頼りになるし、何よりよく遊んでくれた」など。


そういう経験や体験が知らないうちに、あなたにとっていい影響を与えてるのです。

父親が活発だと、その活発さはほぼ子供に受け継がれます。

その逆もありえますよね。

これだけ子供にいい影響を与えられる父親が、もし何もしない、むしろ悪影響を及ぼすとしたら、それはいらないと言われて当然かもしれません。

ここからは父親なんていらない!と言われてしまう理由を4つに分けたので、詳しく見ていきましょう。

独身気分のまま

結婚して、子供が生まれて初めて人は親になります。

あなたは親になれてますか?もしくは親の自覚がありますか?

一般的に男性は親の自覚が芽生えるまでにかなり時間がかかります。

女性(母親)は自分の体を痛めて子供を産みますから、母性が働いてすぐに親の自覚というのを意識するそうです。



しかし男性(父親)はそうではありませんから、時間がかかってしまうわけなんですね。

私の身の回りの友人を見ても、これはけっこうな確率で当たってます。

子供が生まれてるけど、遊びにいってしまう。家庭のことは奥さん任せ。

これを見てギクッ!とした方いません?大丈夫ですか?

あなたはもう独身ではなく、1人の親ですよ。

自分優先の生活


これは独身気分が抜けていないのにも関わりがあるとは思いますが、子供や家庭があるのにも関わらず、生活が全て自分優先な人はNGです。

奥様は子供のご飯やら相手で手一杯。

そんなときあなたが「お腹空いたんだけど、ご飯まだ?」とか、言ったら、「大人なんだから自分のご飯ぐらい自分で用意して」ってなりますよね。

奥様はあなたの母親ではないので、当然あなたを面倒見る義務もありません。

何もしない大人は大きな子供ですから、正直いる意味ありません。


もしこの記事を読んで、「俺のことか!!」と思った方は注意が必要です。

金銭面での問題


父親には金銭面で家族を支える役目があります。(逆に女性がメインで働いている場合もありますが、ここは一般的な例で解説します)

給料は個人差がありますから、ここでは問題視していません。


大事なのはその給料の使い道。

財布のひもを奥様が握っているならとりあえずは問題ありませんが、あなたが管理している場合です。

キチンと毎月、お金を渡していますか?また、不自由なく生活できる額ですか?


男性でよくあるのは主にギャンブルで使って、今月お金ない。とか。

飲みに行きすぎてもうお金ない。とか。もっと最悪なのが、借金です。

ここまでくると家族を支えるどころか、ただの迷惑ですよね。

子供が3人いて借金まみれだった人の例

ここで私が勤めている会社にいた、子供が3人いて借金まみれだったやつの話をしたいと思います。(当時で借金が800万ぐらい)

そいつはいっつもカネ無いカネ無いと言って、会社から給料を前借りしていました。

周りでも「子供になんか買ってやれよ」みたいな話をしてましたけど、そいつは自分の欲しい物だけ買っていました。

私は職人なので現場への移動時間があります。その移動時間にそいつは、お菓子やらアイス、マンガとかをコンビニで買うわけです。

みんなで「何考えてんだ。お金の使い道間違えてんだろ」と、言ってもそいつはどこ吹く風。気にもしません。

結局そいつは会社をクビになったので、現在の行方はわかりませが、ただ、離婚は間違いなくしてると思います。

ちょっと極端な例でしたが、ここまでひどくなくても、こんな感じの生活をしていると、もうアウトですね。

先(未来)は無いでしょう。

金銭面で家族を支えられない父親は必要ないと言われても仕方ありません。

子供に悪影響を及ぼす


今までのも全部そうですが、子供に悪影響を及ぼす父親ってどう思いますか?

ここでは奥様の気持ちを考えてみましょう。

奥様は自分の身体を痛めて子供を産みます。当然、父親よりも深い愛情を持っています。

あなたにはそんな我が子のお手本になるような、父親であってほしいと思いませんか?


こどもは親を選べませんから、あなたがダメな父親であってもなついてはくれるでしょう。

しかし、奥様が「あなたはこの子に悪影響を与える」と思ってしまったら、もう父親はいらないと思われてるようなものです。

個人的な意見ですが、子供を産んだ女性って強いですよ。

我が子の為なら何でもすると思います。

家に帰ったら誰もいなかった。とかならないように、思い当たる方は今のうちから家族との向き合い方を考えるべきです。

子供に悪影響を与える父親は必要ありません。

子育てにおいて父親が妻にいらないと言われない為にするべきこと




ここまでで父親なんていらない!と言われてしまう理由を見てきました。

ここからは【子育てにおいて父親が妻にいらないと言われない為にするべきこと】

を、解説していきます。

全然ムズカシイことではありませんよ。

とりあえず大事なのはあなたの気持ち次第です。

まずは自分が親になったことを自覚する


先ほど、男性は親になったんだ。という自覚が芽生えるまで時間がかかると言いました。

確かにこれは事実ですが、とうぜん個人差もあります。

子供が生まれてすぐに意識する人もいますし、なんとなく親になった。っていう人も中にはいます。

私は親になったと意識していたつもりでしたが、かなり時間がかかったほうだと思います。

子供が可愛いのは当たり前なんですが、そこまで積極的には子育てに参加出来ていませんでした。

ただ、ある日。妻も子供も具合が悪くなってしまい、私が仕事を休んだ日のことです。

初めて一日を通して、子育てに取り組んだんですが・・・

マジで大変っ!!!

本当にそう思いましたよ。正直、これなら仕事してるほうがラクだと思いました。

「普段、妻はこれをこなしながら、私にご飯を作ってくれたのか!」と感謝と反省の気持ちがこみ上げてきたのを、今でも覚えています。


子供と一緒にいるとやはり頼られますし、自分が何かしないと小さい子供は出来ないことが多いので、「この子は私がちゃんと見なければ!」って思うはずですよ。

私はここに至るまで別居を経験してるので、もっと早いうちからしっかりしていればよかったと常に後悔してます。

しかし、「父親の自覚なんて本当に芽生えてくるの?」という方もいるでしょう。

そんな方は、ちょっとずつでいいので、子育てに参加してみましょう。

今日はオムツ替えをする。離乳食をあげる。一緒にお風呂に入る。子供を寝かしつける。絵本を読んであげる。など。


不慣れなのはしょうがないので、とりあえずちょっとずつやってみるといいですよ。

私も最初は大変でしたが、慣れると結構楽しいですから。

子供は奥様と一緒に育てていくものです。

まずはあなたも親になったんだ。と、自覚してください。

子供は当たり前だが、妻の支えになる


子供を支えていくのは当然、親であるあなたの義務です。

しかし、同時に奥様の支えになるのもあなたの役目です。

子育てに限らず、あなたは普段から奥様を支えてあげることが出来てますか?


中には、女性が完全に自立して、1人で何でもやってしまうケースもあるでしょう。

しかし、大半の人はパートナーがいますから、お互いの協力が不可欠です。

金銭面で支えるのはもちろん。家事、育児を分担して行う。

休みの日には、奥様が1人になる時間も作ってあげましょう。

私も妻にこう言われたことがあります。

「あんたは普段仕事で外にでて色々な人と話したり出来るけど、私は常に子供がいて子供の世話をしないといけないから、外に出れない。

子供と話したりするのも楽しいけど、それはまた別の話し。うらやましい。」


確かにそうだなぁと納得しました。

なので、休日には家族で出かけることもありますが、妻には1人の時間も取れるように心がけています。

ここで「男はそんなに支えてもらえないし、自分だって1人の時間が欲しい」と思う方もいるはず。

これに関しては、正直言うと諦めるしかないと思います。

ちょっと古臭い考えかもしれませんが、家族を養うのっていまだ男性がメインですから。

特に子供が小さいうちはちょっとガマンですよ!

でも安心してください。小学生くらいになるとマジでラクになります。


1人で色々出来ますし、ある程度自立してきます。

私の小学4年生の娘なんか、もう大人みたいなもんですよ。生意気だし(笑)

ちょっと話しが反れてしまいましたが、子育てにはお互いの協力が必要なので、お互い支え合う気持ちが大事です。

何より家族優先(子供の成長は早い)


父親のあなたが優先すべきこと。それは家族です。

ちょっと現在の流行りに乗っかると、鬼滅の刃で煉獄(れんごく)さんっているじゃないですか?

煉獄さんのセリフでこういうのがあります。

【俺は俺の責務を全うする】



これです!こんな格好よくはないかもしれませんが、あなたには家族を守る責務(義務)があります。

先ほど、子供が小学生ぐらいになるとラクになりますよ~。と、お伝えしましたが、裏を返せば小学生くらいの時期から、徐々に子供との時間が減っていくという事です。

小学4年生の子を持つ私でさえ感じているので、中学生になったらなおさら関わる時間が減っていくと思います。

何が言いたいかというと、子供と関われる時間は限りなく短い(早い)訳です。


子供が小さいうちに子育てに参加しないというのは、ちょっとキビシイですが、父親失格だと私は考えます。

別居していた私が、何を偉そうに言ってんだ!と思いますが、別居の経験がなければ、ここまで真剣に考えなかったですね。

もちろん別居なんかしない方がいいんですが、私にとってはいいクスリになったと思います。

奥様に「父親なんていらないよ」と言われてしまう原因は根本的にはこの部分なのかもしれません。

繰り返しになりますが、これからあなたが優先するのは家族です。

もう一度、煉獄さん登場です(笑)

【俺は俺の責務を全うする】



父親(あなた)は必要です



ここまで色々と解説してきましたが、結論として父親(あなた)は必要なんです。

耳が痛い話もあったと思います。

しかし父親の重要さも分かってきたと思います。

私も父親ですから、皆さんの苦労は痛いほど分かります。

毎日、朝から晩まで働いて、帰ってきてから家事の手伝い。子供の相手。


正直シンドイですよね。分かります。

なんか謎に奥様にキレられる。分かります。

しかし、疲れたから何もしないとか、奥様の当たりが強くて何もしないというのは本末転倒です。

そこで少し考えを変えて、もっと家族の為になるにはどうしたらいいか?を考えてみるのはどうでしょうか?

毎日、帰りも遅かったり、疲れて何も出来ないのであればそれは、仕事自体の問題のような気がします。


もちろん職種にもよりますが、残業をしないように昼間に集中して仕事をこなしたり。休みが少ないのであれば有給を積極的に取得したり。です。

場合によっては転職なんかも視野に入れてみるのもいいかもしれません。

ちなみに私は残業を減らすように努力して、現在はほとんど残業はありません。

いずれにせよ、まず家族との時間を確保して、そこから逆算していけば、昼間のあなたの働き方も変わってくるのではないでしょうか?


奥様に父親なんていらないと言われ続けて、それを鵜呑みにはしないでください。

父親(あなた)は必要な存在です。

ただ、あなたの行動や意識、働き方をもう一度見つめ直すのは大事なことですよ。

まとめ


もう一度、本記事の内容をまとめました。

子育てにおいて父親がいらないと言われる理由
  • 独身気分のまま
  • 自分優先の生活
  • 金銭面での問題
  • 子供に悪影響を及ぼす





子育てにおいて妻に父親はいらないと言われない為にするべきこと
  • まずは自分が親になったことを自覚する
  • 子供は当たり前だが、妻の支えになる
  • 何より家族優先(子供の成長は早い)



いかがでしたか?

この記事を読む前と読んだ後で、父親としての意識が変わってくれば私としても嬉しい限りです。

なぜなら、私と同じような別居を経験したりする必要が無いからです。

繰り返しになりますが、最後にもう一度。

父親(あなた)は必要です



タイトルとURLをコピーしました