【子育て中の父親が妻にイライラされない為には】別居の経験がある私が解説します






いま子育て中なんだけど、妻がすごいイライラして機嫌が悪い

妻にイライラされない為にはどうしたらいいんだろう?

このような悩みの方いませんか?

おそらく子育て中の父親がほぼ100%思ってるであろうこの悩みを一緒に解決していきましょう。



✔本記事の内容


  • 子育て中の父親が妻にイライラされる訳とは?
  • 父親が子育て中に妻にイライラされない為に



この2つを深く解説していきます。 

補足として

この記事は父親である私が父親目線で書いています

少し厳しめの言葉が多いかもしれませんが、

すべて父親であるあなたの為です。

後ほど私の子育ての経歴が出てきますが、私と同じ失敗を皆さんにはしてほしくありません。

もし奥様が見て下さっていれば、旦那さんにこの記事を読むように勧めてみてください。

私の実体験をもとに解説していきます。まず先に結論を見ていきましょう。

✔子育て中の父親が妻にイライラされないためには育児+家事をしっかりこなす

✔父親が子育て中に妻にイライラされない為にすることは、自分優先の考えを無くす



以上の2つです。

これは基本中の基本ですが、なかなか出来ないし、難しいんです。

ここで本題に入る前に少し、私の自己紹介をさせて下さい。


✔本記事の解説者


みなさんこんにちは!

3人の子供を持つ職人サラリーマン、Yumaxです。

子供は上から、小学4年生(女) 小学2年生(男) 0歳(女)です。

小学生2人はケンカばっかりしてるので、赤ちゃんはもみくちゃ状態(笑)

騒がしい毎日ですが楽しくやってます!



今でこそ楽しくやってますが、一番上の子がまだ小さかった頃は、かなり妻との関係は悪かったです。

どれくらい悪かったかというと、半年間ぐらい別居してました。

子供にもかなりさみしい思いをさせたと思います。

ぜんぶ私が悪いとは言い切れませんでしたが、当時の私は子育てにうまく参加できずに、妻に任せっきりの状態でした。

私たち夫婦はまだ年齢も若く、右も左も分からないような若造だったので、子育てにも余裕がありません。

しょっちゅうケンカばっかりだから、家にも帰りづらい・・・

こんな日々が続き、ついには離婚の話まで出ました。


私の両親も仲が悪くケンカばかりの家庭だったので、自分はそうなるまい!と誓っていたのに、同じ状態になっていたのにやっと気づきました。

「なんで俺はこんなことやってんだ。自分の親と同じことするつもりか!」と考えをあらためて、妻に交渉しました。

妻からは「どうせ何も変わらないから、無駄でしょ」と言われましたが、離婚だけはしたくない思いが強かったので、

「一度距離を置いて考え直す。俺は変わるから、もう一度やり直してくれ」と頼み、半年間の別居を経て、また家族で暮らせることになりました。

少し長くなってしまいましたが、この記事を読んで下さるあなたも、私と同じことにならないように、早めに考えや行動をあらためましょう。



子育て中の父親が妻にイライラされる訳とは?




ここでは子育て中の父親が妻にイライラされる理由を見ていきましょう。

理由をリストにまとめました。

子育て中の父親が妻にイライラされる訳とは?
  • 育児を妻にまかせっきり
  • 休日なのにダラダラする
  • 家事をやらない
  • とりあえず邪魔



1つずつ見ていきましょう。

育児を妻にまかせっきり


これが全てにおいて共通していることだと思いますが、皆さん子育てに参加していますか?

子供がいると、やることが一気に増えます。

赤ちゃんなら、ミルクやおむつ替え。離乳食を作ったり、泣いてるのをあやしたり。

寝たと思ったら、すぐ起きるし。とにかく休むヒマがありません。

幼稚園や保育園の子供がいれば、お弁当を作ります。

朝、間に合うように子供を起こしてご飯を食べさせ、人によっては送り迎えもあります。

家を出るときにぐずって出発出来ないとかもしょっちゅうあります。

まだまだやることはありますが、とにかく忙しいんです。

そりゃあ育児をまかせっきりだと、奥さんもイライラしますよ。

休日なのにダラダラする


奥さんたち主婦には、休みがありません。

子供が休みでも、やらないといけないことがいっぱいあるからです。

そんな中、あなたがダラダラ家で過ごしていたら、イラっとしますよね。

逆の立場でもそう思いませんか?

おなか空いたけどご飯まだ?とか言ってませんか?

当時、私が妻に言われたことは今でも覚えています。

「お前の母親じゃねーんだよ。自分でやれ」と言われました。

もっともな意見です(反省)

家事をやらない


先ほど子供がいるとやることが増えると言いましたが、そのほかに家事もこなさないといけません。

家事の負担も相当なものですよね。

毎日ある訳ですし、それこそ休みもありません。

一緒に住んでいて生活をして、その片づけや掃除は奥さん任せ。

うん。誰でもキレますね。

とりあえず邪魔

妻との関係がちょっとずつ悪くなってくると、家にいること自体が邪魔だと思われてきます。

いたって何もしないし、ご飯とかの用意もしなくちゃいけない。とりあえず邪魔。

そんな感じです。

ちょっと極端な話かもしれませんが、関係が悪くなってくると全然あります。

私も最後らへんはこんな雰囲気が出ていたのを覚えています。

父親が子育て中に妻にイライラされない為に



ここまでの内容で、妻がイライラしてるポイントが分かりましたね。

ここからは、子育て中の父親が妻にイライラされない為にすることを解説していきます。

こちらもリストを作りました。



父親が子育て中に妻にイライラされない為に
  • 仕事だから疲れた。とかはまずはやめろ
  • 平日と休日のオンオフは必ずつけましょう
  • 妻に感謝するなら言葉と行動に移せ
  • 子供の成長はあっという間。いま子育てに参加しないなら父親の意味はない



1つずつ見ていきましょう。

仕事だから疲れた。とかはまずはやめろ



仕事が終わり家に帰ってから、子供の相手をしてほしいと奥様に言われ、

「今日は仕事で疲れたから無理」みたいなこと言ってませんか?

心当たりがある方は、今すぐにやめましょう。

私も昔は疲れたから先に寝るね。と言って妻に任せていました。

これは本当によくないです。

疲れてる気持ちも分かりますが、それは奥様も一緒です。

一日こどもの相手と家事をこなすのって、相当な仕事量なので、

これが分かっていない父親が多いと思います。(当時の私もです)

子育ては夫婦で行うものです。自分優先の考えはやめて子育てに参加しましょう。

平日と休日のオンオフは必ずつけましょう



妻がイライラするポイントで休日なのにダラダラする。というのがありましたね。

これも皆さん意識して行動していますか?

たまの休みなんだから、ゆっくりさせてよ・・・

この気持ちはわかります。

しかし、あなたにはたまの休みですが、家族にとってもたまの休みです。

せっかくの休みなんだから、子供と遊んできて!とか奥様も思っていますし、子供だって父親と遊びたがっています。

そんなこと言っても、自分の休む時間が無いじゃん。と思う方もいると思います。

そんなあなたはちゃんと平日と休日のオンオフをつけましょう。

平日に疲れているなら、可能な範囲で奥様と相談して休む。

その変わり、今度の日曜日はいっぱい遊びに行く。とかです。

家族ごとにあったライフスタイルがありますから、よく相談しましょう。

私なりにまとめるとこんな感じです。

あなたに出来ることは、まず休日には子育てに参加。平日は残業などなるべく控えてさっさと家に帰りましょう。



妻に感謝するなら言葉と行動に移せ



もしあなたが日々、家事や育児をしてくれている奥様に、感謝の気持ちがあるなら言葉や行動に移しましょう。

心で思っていても、それはキチンと相手に伝わりません。

私もこれは意識して取り組みました。

ご飯を作ってくれてありがとう。掃除をしてくれてありがとう。雨のなか子供を迎えに行ってくれてありがとう。etc.・・・

結局、感謝をあげたらキリがないくらい奥様は色々やってくれています。

感謝するならちゃんと「ありがとう」と言いましょう。

もし言葉で伝わらないなら、行動で示すしかありません。

率先して普段の掃除、皿洗い、洗濯、子供とよく遊ぶ。など。

小さな行動でも積み重なれば、徐々に奥様の見方も変わってくるでしょう。

なので、感謝しているなら、言葉と行動に移せ!大事です。

子供の成長はあっという間。いま子育てに参加しないなら父親の意味はない



みなさんもよくご存じだとは思いますが、子供の成長ってあっという間です。

特に小学生になるまでなんかは秒で育ちます。

子供が小さいうちに父親と過ごしたことはかけがえのない財産です。

参考までに【お父さん効果】というものがあるそうです。

これは海外の大学や心理学者などが研究、発表したものです。

これによると

父親が子育てに参加するほど、子供の自尊心が高まる

父親と多くの時間を過ごした子供は、IQが高い

父親と多く会話するほど、子供の言語能力が発達する

【お父さん効果】父親が育児に参加するほど、子供の社会性が向上する

出典:父親が育児参加するメリット4選 – 子育てにおける『お父さん効果』は超スゴい!



父親と接するとこれだけの良いことが起きるそうです。

その大事な時期に子供と接しないで、子育てに参加しない。

これは残酷ですが、父親の意味はありません。

私には小学4年生の娘がいますが、正直これくらい大きくなると、もう一人の大人です。

ある程度は自分の考えもありますし、自立もしています。

なのでやはり大事なのは幼少期の頃なのではないでしょうか?

みなさんも子供が小さいうちから、よく接して子育てに参加しましょう。

子供が大きくなってからでは遅いですよ。

まとめ


いかがでしたか?

この記事を読んで、「ヤベっ。自分のことだ!」と、思った方もいたんではないでしょうか?

もう一度内容をまとるとこんな感じです。

子育て中の父親が妻にイライラされる訳とは?
  • 育児を妻にまかせっきり
  • 休日なのにダラダラする
  • 家事をやらない
  • とりあえず邪魔



父親が子育て中に妻にイライラされない為に
  • 仕事だから疲れた。とかはまずはやめろ
  • 平日と休日のオンオフは必ずつけましょう
  • 妻に感謝するなら言葉と行動に移せ
  • 子供の成長はあっという間。いま子育てに参加しないなら父親の意味はない



少し厳しめな言葉も多くてスミマセンでした。

しかし、家庭の円満は人生の豊かさにも繋がっています。

私も妻と不仲の時は、仕事にも身が入らなかったし、なんか全てがイヤになりました。

今は仲良く出来てるので、いい流れで過ごせています。

もし今、奥様とケンカ中とかだったりしても、相手が全部悪い!と決めつけるのでは無く、自分の普段の行動や生活を見直してみてください。

子供は親の背中を見て育つ。と言いますが、本当にその通りなので、奥様とは良好な関係を維持しましょう。

最後までありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました