もう住宅ローンは怖くない?2つの理由で詳しく解説!


家を買おうと思ってるけど、住宅ローンが怖くて買えない。


いざ家を買ったものの払えなくなったらどうしよう。

こんか悩みを抱えてる人いませんか?

✔本記事の内容

  • 家を買おうと思ってるけど住宅ローンを組むのが怖くてなかなか買えない人はどうすればいいのか
  • 勢いで家を買ってしまったけど、これからローンをちゃんと払えるか心配でたまらない人はどうしたらいいのか

この二つの悩みを一緒に解決していきましょう!

まず先に結論です。

結論
  • 住宅ローンは上手に使えば怖くありません。怖いのは無謀な計画で借りた時だけ
  • 大半の人も同じ心配をしています。あなただけでは無いので安心しましょう。(これからの事は誰にも分かりません。大事なのはあなたがこれからどうするか?それだけです)




この記事を解説するのは私Yumaxです。

私も2020年に家を実際に購入しました。

鬼の35年ローンです(笑)

私も家を買うまえは当然住宅ローンを組むのが怖かったです。

こんな大金を借りて大丈夫なんだろうか?

銀行はお金を貸してくれるって言ってるけどちゃんと払えるのか?こんな事ばっかり当時は考えていました。

しかしこんな不安がありながらも私は家を買いました。理由は先ほどの結論で述べた通りです。

今は当たり前のように新居に住んでいます。

私の子供達も自分の部屋を持ててめっちゃ喜んでたので、とりあえずはこの家を買ったことに間違いは無かったと思ってます。

もうローンの支払いも始まってますけどなんかこんなもんか。ぐらいにしか感じなくなりました。

この記事を読んでくれているあなたも当時の私と同じ悩みがあると思います。

ほとんどの人は一生に一回の買い物ですし何千万というローンを組みますから悩みや不安は当然あります。

しかし悩みすぎるのも良くありません。大事なのは本当に家を買うのか?本当はいらないんじゃないか?

ここだと思うのでよく考えて決断しましょう!

この記事はこれから家を買おうとしてる人や、もう家を買った人に向けて書いています。



この記事を読むことによって少しでも不安がなくなればうれしい限りです。



住宅ローンは上手に使えば怖くありません。

家を買う時にほとんどの人は住宅ローンを組んで家を買いますよね。


場所や家の大きさにもよりますけど、何千万もの大金を銀行から借りる訳ですから怖くて当然ですよ。


誰でも怖くて不安になりますから、皆さんだけの事ではありませんよ。そこは安心してください。

しかし怖くて誰もが家を買わない訳じゃありませんよね。周りを見ても持ち家の人はいっぱいいるし、マンションや一戸建てはバンバン建ってます。


家を買ってローンを組んでくれないと銀行だって困りますよね。利息が銀行の利益になってますからね。


最近は金利が低いのでそこまで利息は多くは無いと思いますけど。


さて本題に戻ります。


住宅ローンを組むのが怖くて家が買えない人は無謀な計画で家を買わなければ大丈夫と説明しましたね。


これはどういうことか深掘りしていきましょう。

自分が無理なく払える額でしか絶対に買わない

住宅ローンを組む際には自分が無理なく払える額でしか絶対に買わないようにしましょう。

これは絶対に守ってください。

この無理なく払える額というのはこれを参考にしてください。



無理なく払える額の参考リスト
  • 貯金を切り崩すような買い方はしない
  • 自分一人の力で返せる額
  • ボーナスがある人はあてにしない
  • 結婚している人は妻が働くことをあてにしない。
  • 子供がいる人はざっくりでいいからこれからかかるお金を計算してみる



これを全部詳しく解説するととても長くなるので一番大事なことだけお伝えします。

絶対に自分一人の給料や収入で返せる額でしか借りない事!


これが一番大事です。独身の方は当然といえば当然ですが、家を買う方の大半は奥さんや子供がいると思います。



私も結婚してますし、子供が三人います。



私が今の家を決断して買ったのもこの【自分一人の力で返せるか?】ということが決め手になっています。



よくある話が妻が妊娠、出産で収入がゼロになった。むしろ子供が生まれて昔より出費が多くなった。



これでどうしようと悩む方がマジで多いです。



せっかく生まれた新しい命。赤ちゃんがいて本当は嬉しいはずなのに妻の収入はゼロで生活はキツキツ・・・


これは本末転倒です。何より子供が一番可哀そうですよね。


こうならない為にも自分一人の力で返せる額にしないといけません。


自分が無理なく払える額であれば何も怖くありません

先ほどのリストをもう一度ご覧ください。

無理なく払える額の参考リスト
  • 貯金を切り崩すような買い方はしない
  • 自分一人の力で返せる額
  • ボーナスがある人はあてにしない
  • 結婚している人は妻が働くことをあてにしない。
  • 子供がいる人はざっくりでいいからこれからかかるお金を計算してみる

 

このリストに当てはまらなければ正直もう余裕で買えると思います。


あとはあなたが決断するしかありません。



補足として今の時代は家を買うのはもったいないとかよく言われますよね。


別にずっと賃貸で暮らして気の向くままに住みたい場所で住むのも全然いいと思います。


今はどこでも働ける時代になっていってますし、これからもこの流れは加速していくでしょう。


しかし家を買おうと考えている方は家を買ったら幸せになると思っているから買うんじゃないでしょうか?


住宅ローンが怖くて行動できない人は自分や家族の幸せを考えれば答えは出てくるような気がします。


繰り返すと先ほどのリストに当てはまらなければ住宅ローンは怖くありません。


あとは決断するだけです。

勢いで家を買ってしまい、これからローンを払えるか心配でたまらない人はどうしたらいいのか

こちらの悩みも大半の人が思うことであなただけではありません。


とりあえずは安心してください。


家を買ってしまいローンを払えるか悩んでいる人はこれからどうすればいいのかを見ていきましょう。


30~35年後の自分なんて想像出来ますか?

ローンを組んで借りる人は長期で組んでる方が多いですよね。


ここで皆さんに質問があります。30~35年後の自分なんて想像出来ますか?


ちょっと言い方がキツイかもしれませんが、そんなに先のことを考えても仕方ないと私は思います。


家を買えたということは銀行の審査も通ってますし今はそんなにキツキツの生活ではないですよね?


ならば今のうちにあなた自身が何か行動をする必要があると私は考えています。


具体的に何をすればいいか説明しますね。

結論:自分の収入を上げるしかありません



今は終身雇用の時代は終わりました。


1つの会社にしがみつき今の給料に満足していると、それは未来のことが心配にもなりますよね。


このまま勤めていても給料が2倍になるなんて考えられませんしね。


私も以前はこのような考えでいました。


しかし家を買って、子供が三人もいるとそういうわけにはいきません。


私も収入を上げるのとスキルを高めるべく行動を起こしています。


この記事も行動のうちの一つになります。パソコンだっていじったことないし、持ったことも無かったです。


この間、定額給付金が配られましたよね。あれで中古パソコンを買って始めてみた感じです。


ちょっと話がそれましたが、今の給料に満足しているとこの先も不安になることは間違いありません。


副業も騒がれている時代でもありますし、不安だったらそれを変えていくのはあなた自身です。


くれぐれも奥さんにもっと働けとか、子供とかにはあたらないで下さい。


全部あなたの人生、生き方です。

まとめ

もう一度この記事をまとめてみましょう。

本記事のまとめ
  • 住宅ローンは上手に使えば怖くありません。怖いのは無謀な計画で借りた時だけ
  • 大半の人も同じ心配をしています。あなただけでは無いので安心しましょう。(これからの事は誰にも分かりません。大事なのはあなたがこれからどうするか?それだけです)



最後の方で副業とか話がそれてしまいましたが、これからの時代は自分の力でお金を稼ぐ時代になっていくと思います。

私なんかはまだまだですけど、何もしないよりはマシだと思いながら日々生活しています。

もしお金のことで悩みがあるなら第三者に相談してみるのもいいと思います。

おススメはトータルプロフェッショナルです。


ファイナンシャルプランナー、家庭のお金の専門家に無料で相談できます。


家を購入する相談だったり家計や保険の悩みも相談できるので一度使ってみるといいと思います。無料ですから(笑)




もう一つ、家探しをこれから始める方はタウンライフがおススメですよ。無料で色々な会社に物件を探してもらえます。

未公開物件などもあって掘り出し物の物件に出会えるかもしれませんよ。


このタウンライフのメリットは先ほどお話しした無料で色々な会社に物件探しをやってもらえることです。

一括で探してもらえるので手間が少ないです。


忙しい方にはもってこいのサービスだと思います。


デメリットとしては希望して問い合わせた各社からメールなどで連絡がくるので、そういうのが嫌な人は使わないでお近くの不動産屋やスーモなどを見てみるのもいいですよ。




最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てればうれしいです。



タイトルとURLをコピーしました