精神論や根性論ばっかりの会社・・・もしかしてブラック企業かも



なんか今働いている会社だと分からないことがあっても具体的に教えてくれないよなぁ。

精神論や根性論ばっかりだし・・・もしかしてブラック企業?


こんな悩みを感じている方いませんか?

未だに精神論や根性論で乗り切ろうとする会社、経営者、上司がいますよね?

この記事はそんな悩みを解決する記事です。

✔本記事の内容
  • なんでブラック企業といわれる会社は精神論や根性論が多いのか?
  • 精神論や根性論で仕事をする人の特徴


まず先に結論からお伝えするとこちらです。

なんでブラック企業といわれる会社は精神論や根性論が多いのか?
  • 全体的に見ても頭が余り良くない(言い方悪くてスミマセン)
  • 成り上がりの経営者が多くいるため根性論や精神論が浸透している
精神論や根性論で仕事をする人の特徴
  • 基本的に体育会系。良く言えば熱血。悪く言えば頭が悪く、相手の気持ちを理解しない人
  • 中高年の人にも多い。過去の実績をいつまでも自慢しているので、当時はこうだった。などと武勇伝を語る。

解説する私Yumaxが勤めている会社は建設業なので精神論、根性論の塊のような会社です。

具体的な指示なんかほぼないですよwww

上司の口癖も頑張れば終わるよ!とか気合いで乗り切るとか意味不明です。

分からないことを聞いても「そんなのもわかんねーの?気合いが足んねーよ」でおしまいです。


この様な話はマジでたくさんあります。

中には丁寧に教えてくれる先輩もいたんで良かったですが。

そんなこんなで私は今の会社にある程度長く勤めてます。

上司や先輩の精神論や根性論の話は腐るほど聞いてきました。

私の後輩にはその様な事をしたくないので、私なりに噛み砕いて説明するよう心がけています。

みなさんのお勤めの会社は大丈夫ですか?

余りにも多く精神論や根性論が出てくる会社はブラック企業かもしれませんよ?

*ちなみに私が勤めている会社は自他ともに認めるブラック企業でした。




なんでブラック企業といわれる会社は精神論や根性論が多いのか?

そもそもブラック企業でなぜ多く精神論や根性論の話が出てくるんでしょうか?

当然ブラック企業だけでは無いんですが、ブラック企業といわれる会社に多いのも事実です。

二つの理由で解説します。

全体的に見ても頭が余り良くない(言い方悪くてスミマセン)

基本的にブラック企業や精神論や根性論の話が多発する会社は社員全員の頭が余りよくありません。

類は友を呼ぶでは無いんですが、似たような人が集まるのも事実です。

精神論や根性論は脈々と受け継がれていきますから、皆さんの上司も当時は同じ悩みがあったと思います。

しかしそれに慣れてきて徐々に自分も精神論や根性論を乱発する人になっていくのです。

そうなると会社の風習や風土に繋がりますから、会社全体が精神論や根性論を重んじる会社に成長する。という事ですね。

補足ですが、職種別でみると営業、製造、建設、サービス業で多く見られます。

成り上がりの経営者が多くいるため根性論や精神論が浸透している

これもブラック企業などでよくありますが、経営者が成り上がったような人だと精神論や根性論をよく使う会社になっていきますね。

ワンマン経営みたくなっていくので、社員はこき使うしお金にはうるさい。

「俺は当時これくらい頑張ってきてんだからもっとやれ!」とか言ってきたりしないですか?

経営者がこれだと当然、会社全体が精神論を使う会社に成長してしまいます。

成り上がった人が全てこうなる訳ではありません。

中には謙虚さを忘れない誠実な人や会社もたくさんあります。

会社=自分の物。と考えている様な経営者はまず間違いなくアウトです。

ブラック企業だし環境も悪いはずです。

ちょっと話がそれますが、もしそのような会社でお勤めの場合は一回今後を考えて行動したほうがいいと思います。

ここまで聞いて自分の働き方に疑問を感じた方は退職や転職も視野に入れましょう。
自分の大切な時間を消耗しないで下さい。

もし会社を辞めづらいならこのサービスがおススメです。翌日から出社は不要です。
転職保障あり。出来なければ全額返金。専属のアドバイザーが付いて安心。

精神論や根性論で仕事をする人の特徴

ここまででなぜブラック企業といわれる会社で精神論や根性論が多く使われるのかを解説しましたが、次は個人。どんな人が精神論などで仕事をしているのかを見ていきましょう。

基本的に体育会系。よく言えば熱血。悪く言えば頭が悪い。

皆さんも大体想像がつくかもしれませんが、やっぱり体育会系の人に多いですよね。

仕事にも情熱をもって取り組んで素晴らしいと思います。

その反面、説明が不十分だったり学校の部活みたいに気合いだ!とかやる気!とかよく使いますよね。

体育会系同士だったら波長も合うし、関係性も良く仕事も上手くいくかもしれません。

しかしそんな人ばかりではありません。みんな熱意を持って仕事はしていますが、熱血系とはちょっと違います。

体育会系の人はそんなの無視で大体くるじゃないですか。良くないですね。




結論として精神論や根性論をよく使う人
  • 良く言えば体育会系の人
  • 悪く言えば頭が悪く、相手の気持ちを理解しない人

中高年の人にも多い。過去の実績をいつまでも自慢しているので、当時はこうだった。などと武勇伝を語る。

皆さんがお勤めの会社にもこのような中高年の方いませんか?

自分たちが過去にしてきた実績や、労働状況を自慢げに言う人。 

「昔は休みもなく働いていたよ。あの頃と比べればこんなの余裕だからもっと頑張れ」とか、

「最近の若い奴はガッツが無いな。俺らが若いころは気合いで働いてたよ」など。

こういう人が何人もいるとたち悪いですよね。

基本的に若い人達からしたら老害です。(言い方悪くてスミマセン)

確かに今と昔を比べたら働き方が違うのも事実ですから一理はあると思います。

昔は確かに精神論や根性論で乗り切る時代だったかもしれません。

しかしこのような方たちは現代の働き方に合わせられていないだけなんじゃないでしょうか?

今は色々な働き方がある時代です。先輩達には当時の武勇伝などはいらないので、仕事の内容などを後輩たちによく伝えてほしいですね。


結論として中高年の人に多い理由
  • 昔は死に物狂いで働いていた!とか過去の実績や状況を語りたがる。
  • 当時の働き方と現代の働き方がそもそも違う

まとめ

本記事ではブラック企業でありがちな精神論や根性論が使われる理由。の内容でお伝えしました。

もう一度まとめるとこんな感じです。


なんでブラック企業といわれる会社は精神論や根性論が多いのか?
  • 全体的に見ても頭が余り良くない(言い方悪くてスミマセン)
  • 成り上がりの経営者が多くいるため根性論や精神論が浸透している
精神論や根性論で仕事をする人の特徴
  • 基本的に体育会系。良く言えば熱血。悪く言えば頭が悪く、相手の気持ちを理解しない人
  • 中高年の人にも多い。過去の実績をいつまでも自慢しているので、当時はこうだった。などと武勇伝を語る。



繰り返しになりますが、今は色々な働き方がある時代です。

1つの会社に執着してイヤな環境で働き続けるだけの時代ではありません。

いかに自分の人生を豊かにするかだけを考えて行動しましょう。

最後までありがとうございました。




タイトルとURLをコピーしました